【沖縄観光:女子旅】週末女子旅におすすめ!沖縄1泊2日満喫コース♪

【沖縄観光:女子旅】週末女子旅におすすめ!沖縄1泊2日満喫コース♪

今回はウォーキング沖縄ライターの沖縄在住のリエ推奨!
『週末女子旅満喫コース』を堪能する「東京女子のメグミさん」に沖縄1泊2日の密着記事です!
沖縄で女子旅するなら、那覇市内がとってもお得でおすすめなんです♪
一人でもレンタカーが無くても、観光スポットめぐりは楽々!
さらに時期を外せば飛行機運賃もいつもよりお安いかも!?
東京から沖縄への女子旅なんて、これまた響きが良いですよね。
それでは行ってみましょう♪

沖縄在住のリエ
沖縄で女子旅するなら、フォトジェニックな観光地かわいいお土産屋さん、そしてご当地スイーツは欠かせません!
また宿泊するホテルにもこだわりたいですよね♪
東京女子のメグミさんに私がおすすめとご紹介していきますよ~!

東京女子のメグミ
車の免許を持っていないので、歩きでの散策か公共交通機関を利用しながら沖縄を満喫したいです!宜しくお願い致します♪

1.【土曜日早朝】羽田空港~那覇空港へ

いつもの平日よりもちょっと早起きして、羽田空港へ。
沖縄の1泊2日の旅行を満喫するためなら早く起きるのも、ワクワクです!

東京女子のメグミ
飛行機の中ではスマホにダウンロードしておいたお気に入りの沖縄映画「涙そうそう」をみて気持ちを盛り上げます♪今回の旅は沖縄在住のリエさんにいろいろ教えてもらいながら、沖縄を満喫しますよ!
沖縄へ♪

2.【土曜日AM】那覇空港~宿泊先のノボテル沖縄那覇まで(1つ目の行き方)

那覇空港に着いたら、まずは荷物などを置きに本日の宿泊先のホテル『ノボテル沖縄那覇』に向かいます。
ホテルまでは2通りの行き方があります。どちらが良いかは後ほど。

まずは1つ目の行き方です!
那覇空港直結のモノレール「ゆいレール」に乗り、最寄の安里駅で降ります。
那覇空港⇒安里駅までは切符300円!

ウォーキング沖縄ではゆいレール全駅制覇の記事があります。
ゆいレールの乗り方など予習はこちら↓

【沖縄観光・お役立ち情報】ゆいレールの乗り方と始発駅から終点駅まで。

2018年8月9日

ゆいレール(那覇空港駅)の時刻表はこちら↓

沖縄在住のリエ
沖縄の土曜日の午前中のゆいレールは比較的空いております!(イベント時は除きます)安里駅は那覇空港駅より10駅、ぜひ各駅で流れる沖縄民謡のオルゴールを聴きながら癒されましょう♪沖縄在住の私もこの発着の時のオルゴールにとても癒されます!笑
安里駅で降ります

安里駅を出たら改札より右手へすすみ、エレベーターを使って地上階にでてタクシーに乗車します!

沖縄在住のリエ
沖縄のタクシーは初乗りが550円~と東京と比べると格安!!
また沖縄では流しのタクシーが幹線道路を走ってるのをよく見かけますので近くなのに道が分からなくなったら、迷わずタクシーがおすすめです♪

タクシー運賃は約1,000円かからないほどです。
(※時と場合によりますので目安としてください)
安里駅~ノボテル沖縄那覇まで渋滞なしで5分~7分ほど、だいたい約1.4kmほどです!

3.【土曜日AM】那覇空港~宿泊先のノボテル沖縄那覇まで(2つ目の行き方)

2つ目は、バスを利用する方法です。
那覇空港直結のバス停から乗ります。バス停の位置はこちら↓

バス停:国際線旅客ターミナル前(那覇バスターミナル向け)
バス:[125]普天間空港線下り
に乗ります。金額は大人230円です!
13番目の停車地、「ノボテル沖縄那覇前」で降ります!
時刻表はこちら

沖縄在住のリエ
Q.どっちのルートで行った方が良いの?
A.曜日や飛行機の時間などで変わってくるかと思います。
2つ目の乗り換えなしの<バス>の方が楽ではありますが時刻表にて確実にバスが来るかを確認して頂きご利用するのが良いです。(時間に余裕のある方向けです)

1つ目の<ゆいレール⇒タクシー>は比較的時刻表を見ても分かる通り、土日祝でも約10分間隔で運行がありますので時間をムダにしたくない場合やスケジュールがギッシリの場合はこちらをおすすめします!

金額も検討のうちに入れてどちらにするか選んでも良いと思います。

東京女子のメグミ
私は1つ目の行き方、ゆいレール⇒タクシーで向かいます!

さて、本日の宿泊予定のホテル、『ノボテル沖縄那覇』へ到着です!

早速荷物を預けにフロントへ行きます。

沖縄在住のリエ
ロビーは広くて、フレグランスの良い香りがしますよ~!さぁ荷物を預けて、身軽になりましょう♪

ここでちょっと一息つきたいですよね!
ノボテル沖縄那覇1階『グルメバー』で美味しい沖縄グルメ一発目いっちゃいましょう♪

◆グルメバー

フロント真向かいのグルメバーで沖縄ランチ♪

開放感のある落ち着いた雰囲気のグルメバー!
なんとこちらのグルメバーですが沖縄で唯一、写真アートラテができちゃうんです!

ノボテル沖縄那覇のロゴマークのアートラテ(見本)
<アートラテメニュー詳細>
その場で好きな写真をアートラテに出来ちゃうノボテル沖縄那覇だけの特別メニュー!
下記内容にて簡単注文できますよ♪
①「Coffee Ripples」というアプリをダウンロード(無料)
②アートラテにしたい写真を選ぶ、または写真を撮る
(メッセージを入れることも可能です!)
③アプリの指示に従い操作
④最後に番号が表示されるのでその番号をスタッフに伝える
⑤完成を待つだけ!(簡単♪)
東京女子のメグミ
本当に簡単ですね~!リエさん一緒に作りましょう!

沖縄在住のリエ
はい!では、ウォーキング沖縄のロゴで作成しちゃいましょう♪
そして、フォトジェニックなアートラテと一緒にインスタ映えにもなる
「アグーベーコンハンバーガー」と、
「B.P.T(ブラックポーク玉子)バーガー」はいかが?
素敵な投稿になること間違いなしですよ♪
東京女子のメグミ
アグー!!!食べてみたかったんです!たしか沖縄の在来種の豚さん。。。ですよね!?そして沖縄の『ポークと玉子』は楽しみにしてたんです!注文おねがいしまーす!

アグーとは・・・・
アグーは、沖縄固有の貴重な豚です。 今から約600年前に中国から導入され、沖縄で飼い続けられていた小型の「島豚」が由来となっています。
アグーの肉質は、霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、一般的に市販されている豚肉に比べて肉質が優れていると評価されています。
文章引用:沖縄県アグーブランド豚推進協議会事務局

早速、注文したアートラテが届きましたよ!

東京女子のメグミ
すごい!本当にキレイにロゴマークがアートされて出てきましたね!顔写真やペットの画像ももちろん可能とのことですよ!これは必見です!

注文したハンバーガーもテーブルへ運ばれてきました!

沖縄在住のリエ
これは、具がこぼれんばかりの大きさ!スゴイですね!早速、いただきましょうか~!
全部揃うとこんな感じ!
なかなかボリューミーですね
東京女子のメグミ
肉厚の香ばしいアグーベーコン!柔らかくてジューシーで最高に美味しいです♪付け合せのピクルスもさっぱりしてて相性抜群ですね!
沖縄在住のリエ
バンズの黒色は生地に竹炭をねりこんでいるからです。ふっくらと焼き上がっております~!ポークと玉子は沖縄ではお馴染みですが、ハンバーガーと共に食べるのは私も初めてです!しかも玉子は玉子でも目玉焼きが挟まれていますよ!!

さぁ、お腹がめいっぱい満たされた所で、週末女子旅沖縄1泊2日満喫コース、沖縄観光・首里散策が始まりますよ~~~!!

4.【土曜日PM】沖縄観光開始!

歩いて首里散策!沖縄の古都首里王朝時代を感じながらいきましょう♪

◆首里観音堂

ノボテル沖縄那覇から徒歩約5分!首里観音堂に着きました!

首里観音堂正面
休憩所があります!
ノボテル沖縄那覇の360度景色が見渡せるプレミアラウンジが見えますね。

首里観音堂について

正式の寺号は「慈眼院」(じげんいん)といい、臨済宗妙心寺派に属する寺院です。 通称、首里観音堂とも呼ばれています。
寺院の創立縁起は、琉球王朝時代、佐敷王子(のち尚豊王)が人質として薩摩に連れて行かれた際、父・尚久王は息子が無事帰国できたら首里の地に「観音堂」(観音様をお祀るお堂)を建てることを誓願されました。
その後、無事帰郷したので、1618年、首里の萬歳嶺という丘(高台)に観音堂を建て、その南に、慈眼院を建立しました。
文章引用:©Shurikannondo All Rights Rerserved.

代々の歴史・由緒あるお寺【首里観音堂】
沖縄らしい赤瓦が青空に映え、そして敷地内からは那覇市を一望できます。
安らぎの雰囲気に気持ちの良い風が肩を通りすぎます。

東京女子のメグミ
今日の宿泊地のノボテル沖縄那覇も見えますね!私、リエさんおすすめのお守りをゲットしたいです!

沖縄在住のリエ
それでは早速、堂内の守授室へ行きましょうか!
堂内は厳かな雰囲気です。金色の千手観音像が光っております。
御守りのギャラリーがあって商品を見つけやすいですね!

気になっていたデザイナーズお守りはこちら!

沖縄の守り神として有名なシーサーが刺繍された洗練されたデザインのお守り。

-首里観音堂×MOUNTWAVE-
この御守りは琉球を愛するアーティストが無病息災・海運厄除を願いデザインし、由緒ある首里観音堂とコラボレート(合作)した特別なお守りです。

東京女子のメグミ
シーサーって沖縄の守り神なんですよね!刺繍が細かくて、なんとも素敵です。デザイナーズコラボのお守りって珍しいのでお友達にも自慢出来そう♪

沖縄在住のリエ
そうなんです!そして、なんと期間限定で首里観音堂でお買い物をするとこちらのポストカードがついてくるのだそうですよ!!(在庫なくなり次第終了:おおよそ2019.7月頃までとのこと)
令和記念のポストカード!
手前は合掌犬コナン君♪
東京女子のメグミ
ポストカードのプレゼント!うれしい~!旅の思い出になりますね♪
Information
■施設名/首里観音堂
■住所:〒903-0825 沖縄県那覇市首里山川町3丁目1
■TEL:098-884-0565
■HP:http://www.shuri-kannondo.or.jp/jiin.html

◆首里琉染

首里観音堂から徒歩約7分ほど、首里の紅型・サンゴ染め工房「首里琉染」へ着きました!

首里琉染外観
入り口から店内へ

店内は素敵な染物の商品がずらりと並んでおります!

東京女子のメグミ
うっとりするほどキレイですね~!

沖縄在住のリエ
そうですね!琉球紅型は沖縄が琉球王国だった頃を象徴する伝統工芸品なんですよ!昔の琉球王族の礼装や日常着、接待歓待する際のお召し物、踊り衣装に使われていたとされています。

東京女子のメグミ
ぜひ、手頃なお値段で何かお土産が欲しいです!

沖縄在住のリエ
そう言うと思ってました!こちらはいかがでしょうか?
サンゴ染め巾着 1,500円 (税別)
サンゴ染めシュシュ 2,000円(税別)
首里琉染オリジナルてぬぐい 1,000円~1,500円 (税別)
東京女子のメグミ
さすが!リエさん分かってますね!これは女子友と会社の先輩へのお土産に良さそう!色合いも沖縄っぽくていいですね♪


お土産を購入したら、早速「サンゴ染め体験」しちゃいましょう!

店内2Fへ・・・「サンゴ染め体験」!

サンゴ染め体験とは・・・
首里琉染では、全国で唯一のサンゴ染め体験を行っております。首里琉染が所有している貴重なサンゴを使って、Tシャツやトートバックなどからお好みのアイテムを選び、お客様の感性でお客様色に染めて頂きます。
取り揃えられた大小さまざまなサンゴの化石の中からデザインを組み合わせ、タンポと呼ばれる染め道具に色とりどりの染液を含ませて染めていき、サンゴ柄を配置しながら完成させます。
お子様からご年配の方まで、簡単に幅広く楽しんで頂ける染色体験。
首里琉染でしか体験できない貴重なサンゴ染め、ぜひ、旅の思い出にご体験ください。

https://www.shuri-ryusen.com/course/sango.html
沖縄在住のリエ
せっかく沖縄にいるのだから沖縄でしか出来ないことを体験しちゃいましょう!
こちらの道具はサンゴで出来ているんです!好きな模様のサンゴを選びます!
東京女子のメグミ
トートバックに決めました♪さっそく作っちゃいますよ~!

では、メグミさんが体験しているその間に熟練の染職人さんの手元を見学させて頂けましたのでご紹介いたします!

染職人さんがいらっしゃる琉染の工房3Fへ・・・
沖縄在住のリエ
まさに芸術作品が出来上がっていく様子を見ることが出来ました。沖縄では古くから珊瑚には子孫繁栄・長寿・家庭円満と意味深い言い伝えがあります。サンゴ染めはサンゴが生み出す自然の美と職人さんの表現力で色彩を織り成す素晴らしい染物なんですね。

はたして、メグミさんは体験でどのようなものを作ったのでしょうか?
早速みてみましょう!

オリジナルトートバック、こんなに風に出来上がりました!
東京女子のメグミ
サンゴの模様を重ねるところと色の兼ね合いが難しかったですが、キレイに仕上がって満足です♪時間を忘れて、夢中で作ってしまいました!
Information
■施設名/首里琉染
■住所:〒903-0825 沖縄県那覇市首里山川町1丁目54
■TEL:098-886-1131
■HP:https://www.shuri-ryusen.com/


サンゴ染め体験、大満足のようですね!
では次の散策場所へ向かいましょう。

◆首里金城町石畳

(琉染から徒歩10~15分ほど)首里金城町石畳へ

この看板が目印!
首里の道をゆっくり散策♪
【赤マルソウ通り】この景色が見えるT字路に着いたら左に曲がります!
この石畳が右手に見えます!【首里金城町石畳】
所々にある、この道案内がとても役に立ちますよ!
急な階段があるので運動靴推奨です!
シーサーの門構えが素敵なお家が並んでいます!
石畳の途中にある「金城村屋」昔ながらの琉球家屋を見学することができます!
東京女子のメグミ
急な石畳をゆっくり降りていくと、こんな琉球古民家を見ることが出来て、古都首里の面影をなぞる散策はすごく面白いです!
木漏れ日がとても印象的です。
金城大樋川(那覇市の史跡:昔の共同井戸の跡地です)
沖縄在住のリエ
水のせせらぎの音がこだまする、なんだか神聖な場所にも思える「金城大樋川」、「金城村屋」のすぐ隣にあるので石畳散策の際に見学してみてはいかが?
ゆっくりと石畳を下っていくと信号のある道路へ出ます!

首里散策は次の場所へと続きます!

◆Dessert Labo Chocolat

首里金城町石畳から徒歩約7分ほど、Dessert Labo Chocolat(デザートラボショコラ)へ

東京女子のメグミ
沖縄スイーツは本当に楽しみです!ぜひインスタにもあげたいです~♪

通り沿いからはこちらの看板が目印!
美味しそうなスイーツが!
お店概観
沖縄在住のリエ
早速店内へ入りましょうか!ここでもおすすめの沖縄のスイーツのお土産を買えますよ!イートインもありますので食べることも可能です。
店内はスイーツでいっぱいです♡
木漏れ日のあるテラスが何とも素敵ですね!
こちらが沖縄スイーツのお土産におすすめの「Shulien」(しゅりあん)

悠久の時を経て歴史の風情が今なお彩る沖縄・首里。
この地でデザートラボ・ショコラは生まれ育まれてきました。
パティシエの「首里のストーリーをちりばめた新しいお菓子作りを」という思いが
「Shulien※(シュリアン)」として誕生しました。
首里を中心に、色んな素材の組合せを楽しんで欲しい。
そして、それがこの地との繋がり、人との繋がりに広がっていくように。
そんな、思いを込めて。
※Shuri(首里)+ Lien(フランス語で繋がり、縁、絆)の組み合わせの造語。

デザートラボ ショコラ
オーナーパティシエ 田島 由幸

https://chocolat2007.shopselect.net/about

~スイーツで繋がる首里物語~
こちらのフィナンシェがお土産にピッタリ!種類は4つあります♪
■首里王朝蜂蜜×レモンピール 
■瑞泉・泡盛×黒糖
■玉那覇味噌×チーズ
■繁多川豆腐×ごま

東京女子のメグミ
沖縄スイーツのお土産は必須ですよね!パッケージも素敵ですし、購入しちゃいます!

お土産の購入も済んだところで・・・スイーツ食べちゃいましょう!

沖縄在住のリエ
おすすめスイーツは何と言っても店名にもなっている【ショコラ】と紫色と黄色の配色がとてもキレイな【紅芋モンブラン】です!
ショコラ
紅芋モンブラン
東京女子のメグミ
沖縄スイーツが食べられて幸せです~♪
Information
■施設名/デザート ラボ ショコラ
■住所:〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町4-70-4 1F
■TEL&FAX:098-885-4531
■営業時間:10:00~20:00
■HP:https://chocolat2007.jp/

さて、そろそろ夕方近くになり宿泊先に戻ります。

沖縄在住のリエ
デザートラボショコラさんから宿泊先のノボテル沖縄那覇までは約2km!タクシーでホテルに戻るのをおすすめします!


下記GoogleMapは1日目の散策の地図です!ご参考に♪

5.【土曜日夕方】ディナーはノボテル沖縄那覇で!那覇市の絶景を独り占め♪

1日目、那覇市首里を散策し、充実した観光体験をした東京女子のメグミさん。チェックインの手続きを済ませ、まずは本日宿泊する客室へ!

東京女子のメグミ
明るくてとてもスタイリッシュで素敵なお部屋!ウォールアートも沖縄らしくって印象的です。色合いに癒されますね!

沖縄在住のリエ
このウォールアートは各部屋にあるんです!沖縄で親しまれているクバの葉をモチーフに原生するユリの花と2種のデザインをほどこしているそうですよ!素敵ですよね。
せっかくですから、他のお部屋もご紹介いたします!
スタンダードツイン
スタンダードツイン
デラックスツイン
テラススイート
テラススイート
テラススイート の開放的なお風呂!(リエお気に入り)
東京女子のメグミ
お部屋のアメニティも充実!タオルはなんとあの“今治タオル”なんですよ!
全室今治タオル!

それでは、ディナーの場所へとホテル内を移動しましょう!

◆和食・鉄板焼「登輝」

沖縄在住のリエ
落ち着いていて、それでいて豪華な雰囲気もある和食・鉄板焼「登輝-TOKI」でディナーをぜひお召し上がりください♪
和食・鉄板焼「登輝-TOKI」のディナーのお写真をもっと確認したい方はこちら!
@himapp_310様からお写真ご提供OK頂きました!

<~ディナー鉄板焼きコース詳細>
厳選もとぶ牛をじっくり堪能するコース
(蔵-くら:リブロース又はサーロイン)
(雅-みやび:サーロイン又は牛ヒレ)
厳選もとぶ牛を部位で楽しむ饗宴コース
(紅-べに:リブロース+サーロイン)
(奏-かなで:リブロース+牛ヒレ)
(響-ひびき:サーロイン+牛ヒレ)
海鮮コース
のお客様のニーズに合わせて3つのコースをご用意しております!

沖縄在住のリエ
おすすめはもとぶ牛二箇所の部位を少量ずつ楽しめる饗宴コース♪メグミさんには奏-かなでを召し上がって頂きましたよ!


~コースメニューには下記が含まれています~
■小鉢(海鮮コースには含まれていません)
■彩りサラダ
■季節のお野菜(焼野菜)
■ガーリックライス又は白飯
■汁物
■香の物
■水菓子

その他コース以外にもアラカルトもご用意しております!
※メニューは、仕入れの都合などにより変更となる場合がございます。(掲載の写真はイメージです)

東京女子のメグミ
カウンターで料理を堪能するならシェフとの会話も楽しめます!豪華な夜を過ごせて本当に幸せ気分です♪

さて、登輝の鉄板焼ディナーを堪能したメグミさん!
ここでちょっとだけ、プレミアフロアとスイートルームにご宿泊のお客様だけが利用できるプレミアラウンジを見学させてもらいましたよ!

那覇市の夜景を独り占め!
360度見渡せるラウンジはノボテル沖縄那覇のプレミアフロアとスイートルーム宿泊者の特権です!
お好きなものを好きなだけ。ラウンジでの夜は格別!

女子旅企画、沖縄の素敵な夜を過ごしたメグミさん。
そして、ノボテル沖縄那覇のベッドはシモンズベッド!きっとゆっくり、ぐっすり眠れることでしょう!!

人生が変わるベッド・・・・でおやすみなさい♪

6.【日曜日AM】ホテル朝食バイキングを楽しんだらインフィニティプールへ

◆フードエクスチェンジ「アヴァンセ」

シモンズベッドでの最高の睡眠を得て、メグミさんは早速アヴァンセで朝食バイキングへ。

東京女子のメグミ
朝食バイキングもすごく楽しみです~!11時がチェックアウトなのでゆっくり過ごせるのがとても良いですね!
朝食バイキングのお料理
朝食バイキングのお料理

※朝食バイキングのメニューは時期によって異なります。季節毎の旬の料理をぜひご堪能ください。

ゆるりとした女子旅2日目がはじまりました!
朝食を食べてチェックアウトまでノボテル沖縄那覇にて過ごすメグミさん。
今日もたくさん散策しますよ!

◆インフィニティプールへ

朝食のあとは最高の景色のインフィニティプールへ!那覇市を一望します♪

インフィニティプールだから視界が開けており、絶景が目の前に!
最高のロケーションにテンション上がります♪
沖縄在住のリエ
空の青さとプールが溶け合い、さすがインフィニティプールです!
絶景とはまさにこの事ですね!


さて、絶景を楽しんだあとはお部屋チェックアウト後に昨日ランチをしたグルメバーへ。
東京女子のメグミ
ホテルを出る前に散策時に飲むアイスコーヒーと気になっていたロビーの素敵な香りをスティックにしたフレグランススティックをお土産に購入したいです♪
フレグランススティックはグルメバーのレジ前に見本がありますよ!
お土産に最適♪
東京女子のメグミ
ホテルオリジナルのトートバックもシンプルで可愛いし、スタッフが付けている缶バッジもオシャレ♡
アイスコーヒーもGET♪
テイクアウト(グラブ&ゴー)にはこんな可愛いギフトバックも♪
スタッフさんの素敵な笑顔にさらに癒されます!
アイスコーヒーをもってノボテル沖縄那覇をあとにします!
さぁ那覇散策の旅:最終日へ♪
Information
■施設名/ノボテル沖縄那覇
■住所:〒902-0062 沖縄県那覇市松川40
■TEL:098-887-1111
■HP:https://novotelokinawanaha.com/ja/

7.【日曜日PM】2日目観光開始!

◆琉球茶房あしびうなぁで『沖縄そば』を堪能♪

ノボテル沖縄那覇より約1.5kmほど、「琉球茶房あしびうなぁ」へ向かいます!

沖縄在住のリエ
行き方はゆったりとバスがおすすめです!途中、遠くに首里城の一角が見える龍潭(りゅうたん)池などを通りますよ!

二つの行き方があります!
バスの場合:
ノボテル沖縄那覇前(停留所:首里山川方面)~当蔵(停留所:首里公民館向け)
バスに乗れば約5分~10分で着きます。時刻表要確認です!
時刻表はこちら
タクシーの場合:
ノボテル沖縄那覇~琉球茶房あしびうなぁ
通常の交通量でしたら約5分でつきます。

東京女子のメグミ
荷物を持っての移動なので、歩きよりは車両の方が良いかもですね!ゆっくり景色を見ながらバスで移動しちゃいます~!


移動距離などGoogleMapは下記↓参考までに!

歩くのも可能ですが・・・
なだらかなのぼり坂になっているので、歩くのは少しキツイかもしれません!
ただ約30分ほどで目的地には着きますよ。時間にとても余裕のある方やぜひ歩きたい方は一本道なので迷わず行けますので歩きでもOK!気温や天気によっては熱中症予防対策が必須です。


さぁ、目的地「琉球茶房あしびうなぁ」に到着です!

~美里御殿跡跡~みさとうどぅんの琉球古民家
戦後すぐに由緒正しき美里御殿跡に住居が建てられ、現在”琉球茶房 あしびうなぁ”として古民家のを生かした形で営業しています。
雰囲気のある庭先のテラス席はカップルにも人気。また店内の座敷席や個室などは落ち着いた雰囲気で観光でのお客様はもとより、お仕事関係での接待などにも最適です。
沖縄独自の食材を生かした見た目にも楽しく新しい、沖縄料理を提供しております。

http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyusabo.html#m5
東京女子のメグミ
首里金城町石畳で見た琉球古民家のような、歴史と由緒あるお屋敷で食べる「沖縄そば」は格別ですね!

沖縄在住のリエ
沖縄そばはそばでも、麺に特徴のある木灰そばというのがあるんです!デザートの果物も付いてくる定食セットが絶対おすすめ♪
東京女子のメグミ
では、リエさんおすすめの「木灰そば定食」を注文しちゃいます!
木灰そば定食

麺にとてもコシのある「木灰そば」は、お店の中でもとても人気のメニューです!

麺は通常の沖縄そばよりも濃い色をしています!
沖縄在住のリエ
店内は趣きのある素敵な琉球古民家なので沖縄気分を存分に味わえます。緑に囲まれた御庭が良く見えるテラス席での飲食がおすすめです!
Information
■施設名/琉球茶房あしびうなぁ
■住所:〒903-0812 沖縄県那覇市首里当蔵町2丁目13
■TEL:098-884-0035
■HP:http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyusabo.html#m5

さて、お腹もいっぱいになったところで、移動を開始しますよ!

◆那覇国際通り

沖縄在住のリエ
次の目的地「那覇国際通り」にはゆいレールがおすすめ!

ゆいレールでの行き方
「琉球茶房あしびうなぁ」から徒歩約10分ほど、ゆいレール「儀保駅」に行きます。
そこから上り線(那覇空港方面)「牧志駅」で降ります!
儀保駅の時刻表はこちら
儀保駅から牧志駅までは5駅目、運賃は大人260円です。

GoogleMapは下記↓

沖縄在住のリエ
国際通りに着いたら、おすすめのお店をまわっていきましょう♪

■Gong chaで大人気のタピオカミルクティーを飲む♪

https://www.gongcha.co.jp/store/

牧志駅から徒歩約7分ほど!『ゴンチャ 沖映通り店』で、今トレンドのタピオカミルクティーをぜひ沖縄でも♪

東京女子のメグミ
タピオカ大好きです!ぜひ飲みながら散策したいですね~!

注文したのは、
「ブラックミルクティー+パール」(一番人気!)
「マンゴー阿里山ティーエード+パール」(マンゴーが沖縄らしい!)
です!

ゴンチャ右隣のお店前で撮影!シーサーの顔が良い感じ!
沖縄在住のリエ
大人気のゴンチャ!タピオカがモッチモチで美味しいですよね!時間帯によっては長蛇の列になるので時間との勝負になるかもです!スケジュール確認しながらのご利用を。
Information
■施設名/ゴンチャ 沖映通り店
■住所/〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2丁目1−5
■TEL:098-988-1321
■HP:https://www.gongcha.co.jp/store/

■nuchi soft serve ice cream byぬちまーすで塩ソフトクリーム!

ゴンチャ沖営通りから徒歩約5分!nuchi soft serve ice cream byぬちまーすではギネスにも登録されたぬちまーすの塩を使った沖縄ならではのスイーツを食べることが出来ますよ!店内は撮影スポット用に仕掛けられた映えスポットがたくさんあります♪

東京女子のメグミ
店内がすごくかわいい~!!

沖縄在住のリエ
こちらのお店のおすすめの塩スイーツは何と言っても『塩ソフトクリーム』です!ぜひ召し上がっていただきたい一品♪
東京女子のメグミ
塩ソフトクリーム、かなりボリューミーですよ!
こぼれんばかりのソフトクリーム!!
OKINAWAの文字をバックに♪
沖縄在住のリエ
甘いのにしょっぱい!冷たくて美味しい♪沖縄ならではのスイーツをぜひ味わってみてはいかが!
Information
■施設名/nuchi soft serve ice cream byぬちまーす
■住所/〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-2-51
■TEL:070-6513-9211
■HP:https://www.nuchima-su.co.jp/2018/03/28/heiwadori/

◆ Kanoa国際通り店でハンドメイド体験!

nuchi soft serve ice cream byぬちまーすから徒歩約7分ほど、Kanoa国際通り店へ!

沖縄在住のリエ
店内にはハンドメイド体験以外にもアクセサリーやお土産にしたいおしゃれで可愛いアイテムがたくさんあります!

早速店内へ!

東京女子のメグミ
店内の雑貨やアクセサリーが私の好きなシェル(貝)やハワイアンモチーフがあって、かなりテンション上がっちゃいます!

さて、予約していたハンドメイド体験もしちゃいましょう!!
早速お店の3Fへ!

体験のメニュー表はこちら

■Kanoaでハンドメイド体験!
ハンドメイド体験は4種からお選び頂けますよ♪
・天然石(丸石)ブレスレット作り 2,500円~ 体験時間:約20分~40分
・さざれ天然石ブレスレット作り 2,000円~ 体験時間:約30分~40分
・チェーンブレスレット作り 1,800円~ 体験時間:15分~30分
・天然石ピアスorイヤリング作り 1,800円~ 体験時間:20分~40分
どのコースも用意された石(丸石/さざれ石)はコース代に含まれており、オプションでお好きな石やチャームも追加可能です。

東京女子のメグミ
天然石ピアスを作ってみたいと思います♪上手に作れるかな?
沖縄在住のリエ
パーツを決めたら、早速ピアスの金具のフープに組合わせていきます!
沖縄っぽいブルーの石をモチーフに作っていきます!
組み合わせてみたら思ったより大きいピアスに・・・
真ん中のチャームを変更することに!
どれにしようか、たくさんあって迷います・・・
すてきな石がいっぱいです!
東京女子のメグミ
沖縄の海のようなきれいなブルーの石に決めました!
あと一息で完成!
出来上がり!!!
耳につけたら、こんな感じです!
沖縄在住のリエ
真ん中のヒトデがマリンモチーフになっていてオシャレですね!

東京女子のメグミ
イメージにぴったりのピアスが自分で作れて満足です!


体験時にコースを迷ったりしたら、スタッフさんが優しくアドバイスしてくれますよ!作り方ももちろん教えていただけますのでご安心ください♪

Kanoa国際通りさんのinstagramはこちら
Information
■施設名/Kanoa国際通り店
■住所/〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1-1-42 2F
■TEL:098-917-5931
■HP:http://kanoa.okinawa/index.html#CAMPAIGN

2日目の那覇散策のGoogleMapはこちら!ご参考までに。

8.【日曜日夕方】那覇空港へ、充実の女子旅の最後に

2日目那覇散策を終えて、沖縄を大満喫した東京女子のメグミさん!
那覇空港へ向かいますよ~!

沖縄在住のリエ
Kanoa国際通り店からはゆいレール美栄橋駅から那覇空港駅に向かうのがおすすめです!

Kanoa国際通りから美栄橋駅までは徒歩約10分ほど。
美栄橋駅時刻表はこちら!運賃は大人300円。
東京女子のメグミ
思い残すことがないくらい、満喫しましたよ!那覇空港へ移動しましょう!
那覇空港駅へ到着!

◆那覇空港内 おすすめのお土産

沖縄在住のリエ
最後に那覇空港で買える!おすすめの沖縄のお土産をご紹介します!

■BENIシリーズ

ハイビスカススパークリングワイン

ハイビスカスと泡盛が出逢った沖縄県宮古島のあかばなぁ(ハイビスカス)をひとつひとつ手摘みし、そこから抽出したしずくを集めて作られた琉球ハーブエキスBeni。
そのBeniを材料に、沖縄を代表する酒、泡盛との融合を果たした、世界で初めてのフラワースパークリングができました。
HanaHanaBeniの誕生です。
記念日、結婚、誕生、成就、門出・・・。
人生の様々なよろこびを祝福するために生まれたのが
フラワースパークリングという新しい祝酒。
”HanaHanaBeni”
祝いの時を鮮やかに彩る紅い乾杯は、幸せを、永遠のものとすることでしょう。

https://www.hana-hana.info/item.html
あかばなぁエキス

ハイビスカスエキスBeni、沖縄の恵みのエキスです。沖縄県100%宮古島産ハイビスカス(あかばなぁ)琉球ハーブエキス“Beni”が誕生しました。

南国のシンボル花であるハイビスカス。その中でも沖縄古来の在来種「あかばなぁ」とよばれるハイビスカスは大変希少です。
現在、市場ではローゼル(コーラル系やハワイアン系など海外から入ってきた別種のハイビスカス)を使用した商品が主流となっている中、あかばなぁ「Beni」は沖縄県宮古島で大切に育てられた「あかばなぁ」のみを使用。着色料や保存料も一切使用せず、まるごと100%あかばなぁにこだわり抜いた本物志向で今までにない新しいハーブエキス。
カラダにとてもやさしく、お子様からお年寄りの方まで安心してお飲みいただけます。

https://www.hana-hana.info/item.html

■雑貨&ワインのお店-コスモワイン館

カラフルで見た目にも良いワインがいっぱい!
沖縄にちなんだ雑貨もたくさんあるので買い忘れがあればこちらへ!
リエおすすめはクジラのポストカード!
星砂が入った、髪ゴムも良い感じ!

■Sugar沖縄焼菓子研究所 那覇空港店

素敵なパッケージに一目ぼれしますね!
厳選沖縄素材を使用した『ティグレ』
沖縄土産の新定番かも!
https://www.okinawastory.jp/spot/600011372

■琉球だんご

限定のシークァーサー餡の冷やしだんごがおすすめ!

東京女子のメグミ
今回の旅行は、沖縄在住のリエさんおすすめの那覇市内散策でしたが、十分に満喫できました!
ほぼ公共交通機関を利用したので安全安心で、とても楽しかったです!
一番心に残ったのはやっぱり宿泊先のノボテル沖縄那覇からの絶景です!夜景もインフィニティプールからの景色にも癒されて、とてもゆったりと楽しめました!体験で作ったトートバックとピアスは普段使いしたいと思います♪

沖縄在住のリエ
ぜひまた沖縄に旅行に来てくださいね!まだまだおすすめしたいところがたくさんありますよ!

東京へ・・・

◆最後に・・・・
いかがでしたでしょうか?
ウォーキング沖縄ライター、沖縄在住のリエがおすすめする
「週末女子旅におすすめ!沖縄1泊2日満喫コース♪」
ということでお送りしました!
かなりの記事のボリューム・・・ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございます!

今回、東京女子のメグミさんは
・車の免許を持っていない
・女子一人旅
という条件にて、空港所在地の「那覇市散策」をメインとして旅行企画をご紹介しましたよ!

週末にフラッと沖縄へぶらり旅が出来る今、ぜひご参考になれば幸いです!


取材日:
2019/6/9
2019/6/11
2019/6/13

※こちらの記事は公開日時時点の情報です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)